AI KOWADA GALLERY

EXHIBITION

風間純一郎

"Junichiro Kazama"

2015.02.19(木) -
2015.03.01(日)

平安時代を起源とする、釘などを使わずにさまざまな木材を

組み合わせる『指物』。風間純一郎は、"指物技法"を駆使し、

「木材に宿る気配や生の在処」を探求し続けるアーティスト。

風間が即興的に形づくる数々のパーツは、彼の卓越した指物

技法により、独自の造形芸術へと組み立てられて行きます。

「素材」、「技術」に、風間のユニークでみずみずしい「感

性」が加わることで、工芸品の域を超越した、まるで生を宿

しているかのような造形が生まれるのです。

今回風間にとって初の個展となる本展では、画像の「舞夢

舞夢(重箱、2012年)」に加え、1メートル超の大作「雨

神ノ器(器、2013年)」「めのきのめ(小物入、2014年)」

など、近年の力作5点を展示いたします。

風間純一郎(b.1973)

東京芸術大学大学院工芸科修士課程修了 原田賞

東京芸術大学大学院工芸科博士課程 在学中(今春修了予定)

Photo credit:

『舞夢舞夢(重箱)』2012年

指物技法、木材 φ500mm ~ H600mm

(c) the artist Courtesy of Ai Kowada Gallery

INSTALLATION VIEW

2018
  • Dec
  • Nov
  • Oct
  • Sep
  • Aug
  • Jul
  • Jun
  • May
  • Apr
  • Mar
  • Feb
  • Jan
2017
  • Dec
  • Nov
  • Oct
  • Sep
  • Aug
  • Jul
  • Jun
  • May
  • Apr
  • Mar
  • Feb
  • Jan
2016
2015
  • Dec
  • Nov
  • Oct
  • Sep
  • Aug
  • Jul
  • Jun
  • May
  • Apr
  • Mar
  • Feb
  • Jan
2014
  • Dec
  • Nov
  • Oct
  • Sep
  • Aug
  • Jul
  • Jun
  • May
  • Apr
  • Mar
  • Feb
  • Jan
2013
2012
2011
2010